小諸城・大手門

小諸城・大手門

慶長17年(1612年)仙石秀久が築いた小諸城・大手門

 実戦的な城門で、華美な装飾をはぶいた質実剛健な建築は、東日本を代表する大手門建築の一つです。【重要文化財】
平成の大修理を終え、仙石秀久創建当時の姿に甦りました。
仙石秀久と小諸城

大手門小諸市オフィシャルページにて平成の大修理の詳細がご覧になれます。
公報こもろ2008年5月号 甦る小諸城大手門(pdfファイル3Mb)

保存修理事業の概要と工事写真
小諸城大手門保存修理事業の様子
  • 【利用案内】
  • 大手門公園の一角に見ることができます。大扉が開いていますので、自由に門を通り抜けることができます。
    ◎ また、大手門の櫓内に特別資料展示をしています。こもろ観光ガイド協会の市民ガイドがご案内、解説しています。入場無料。
    ◎大手門の櫓内・特別展示に入場できる期間は・・・
      期間: 4月第2土〜11月第2日の土日祝日のみ入場できます。
         ただし8月中は、平日も入場できます。
         [平成24年4月7日〜11月11日]
      時間:10:00〜15:00
  • 【交通】
  • 小諸駅北側すぐ、大手門公園内
  • 【所在地】
  • 〒384-0031 長野県小諸市大手1-5-4
  • 【連絡先】
  • 0267-23-8880(生涯学習課)