信州蕎麦の草笛

小諸蕎麦切り400年の伝統を造る

小諸の地で蕎麦切りを広めたのは「仙石さん」と親しまれていた小諸城主仙石秀久公でした。草笛は仙石秀久公が伝えた、小諸蕎麦切りの伝統の技を守り続けてきました。仙石秀久公の13代目にあたる中井信夫氏より古文書に記された記述を小諸蕎麦切りの伝統として受け継いだ経緯があります。

  • 地産地消に取り組んで46年
    浅間山麓に自家栽培に取り組む約20ヘクタールの自社専用栽培農場を確保し、そば粉を自家栽培。食べ物は「ここで採れた物はここで食する」という地産地消を実践しています。
  • 人気のメニュー
    くるみそば:地元産のクルミを丹念に擂りつぶしたタレでお召し上がりください。
    とろろそば:長野県産の山芋を使用しています。
  • そば打ち道場
    手打ちそば切り道場「明日香」では、蕎麦の理論から、手打ちの実技まで面白く楽しく指導いたします。1時間半ほどで、技術を身につけられます。体験後は自作の蕎麦をお召し上りください。年間7000人が体験、小諸蕎麦切りの免許状もございます。詳しくは当店のホームページへ
  • 【所在地】
  • 本店 384-0032 長野県小諸市古城1-1-10
  • 【連絡先】
  • TEL 0267-22-2105 FAX 0267-22-2103
  • 【営業時間】
  • 本店 am9:00〜pm5:00
       冬期は、am11:00〜pm3:00
    定休日:無休
  • 【交通】
  • 上信越道こもろI.Cより車で5分
    本店:小諸駅より徒歩3分
    遊子亭・明日香:小諸駅より徒歩5分
  • 【ホームページ】
  • http://www.kusabue.co.jp/
384-0031 長野県小諸市大手1-6-16(小諸観光交流館内) TEL 0267-22-1234 FAX 0267-25-3380
小諸市観光協会のホームページ中の文章、写真等の無断転載を禁じます。